Logo

Environment 環境

CO2排出量の削減

(タイトル非表示)

  • 7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 13:気候変動に具体的な対策を

トリドールグループでは、自然災害の増加をはじめとする気候変動の影響は、事業にとって大きなリスクの一つであると認識しています。
大規模な洪水、台風等の自然災害や、環境規制の強化などのリスクは、原材料の安定的な調達が阻害される、店舗施設の損壊などにより店舗の休業や営業時間の短縮を余儀なくされるなどの可能性があり、事業の継続を困難にします。
一方で、店舗の環境に配慮した設備導入や商品・サービスの提供は、CO2排出量の削減という環境効果だけでなく、事業コストの削減につながるなどの経営効果もあると考えています。このような認識のもと、CO2排出量の削減に取り組んでいきます。

株式会社トリドールホールディングス CSR推進室, 株式会社トリドールホールディングス 経営企画室, 株式会社トリドールホールディングス 商品戦略部, 株式会社トリドールホールディングス 品質保証部, 株式会社トリドールホールディングス 人事部, 株式会社トリドールホールディングス 購買部

CO2排出量削減の目標と実績

トリドールグループでは、環境中期計画(2025年目標)としてCO2排出量を毎年1%以上削減し、2025年には、排出量原単位を0.60まで削減することを目標としています。

トリドールグループ主要業態のCO2データ
  2013
年度
2014
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
売上(百万円) 71,513 78,734 89,315 93,881 101,409 104,815
排出総量
(kt-CO2
143.6 145.4 140.5 135.6 133.3 134.7
排出量原単位
(t-CO2/百万円)
2.01 1.85 1.57 1.44 1.31 1.29
  • ※(株)丸亀製麺、㈱肉のヤマキ商店、(株)トリドールジャパンの運営店舗の合計値です
株式会社トリドールホールディングス CSR推進室, 株式会社トリドールホールディングス 経営企画室, 株式会社トリドールホールディングス 商品戦略部, 株式会社トリドールホールディングス 品質保証部, 株式会社トリドールホールディングス 人事部, 株式会社トリドールホールディングス 購買部

CO2削減に関わる取り組み

国内産の食材を使用

丸亀製麺では、食の安全の側面はもとより、輸送にかかるCO2排出量削減も考慮し、国内の全店舗で、うどんに使用する小麦をすべて北海道産に統一しています。例えば、うどん用輸入小麦の主要産地であるオーストラリアから輸入する場合に比べて、輸送時のCO2排出量を削減できます。
北海道産の小麦を使ったうどんづくりが評価され、丸亀製麺は、国内農林水産物の消費拡大を目的とした農林水産省が主催する表彰制度「フード・アクション・ニッポン アワード2014」の商品部門で優秀賞を受賞しました。
今後も国内産の原材料を積極的に使用し、国内農林水産物の消費拡大に貢献するとともにCO2排出量削減にも取り組んでいきます。

お持ち帰り用天ぷらの専用容器をFSC®認証紙に

丸亀製麺のテイクアウト用「おうちめし(お持ち帰り用天ぷら)」の専用容器は、森林認証を受けた環境にやさしい紙(FSC®認証)を使用しています。また、印刷用のインクには、植物由来成分を含むボタニカルインキを使用し、CO2の削減に貢献しています。

写真

FSC®認証制度(森林認証制度):

適切な森林管理が行われていることを認証する「森林管理の認証(FM認証)」と森林管理の認証を受けた森林からの木材・木材製品であることを認証する「加工・流通過程の管理の認証(CoC認証)」の2種類の認証制度。
NPOであるFSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)が運営する国際的な制度です。

再生可能エネルギーの導入

丸亀製麺の店舗には、ロードサイドに展開した大宮西店の屋上に太陽光発電装置を設置し、自家消費をするモデル店舗があります。現在は実験段階ですが、効果を実証できればこの取り組みをグループ全体にある条件の合う店舗に導入し、再生可能エネルギーの普及を推進していきたいと考えています。

株式会社トリドールホールディングス CSR推進室, 株式会社トリドールホールディングス 経営企画室, 株式会社トリドールホールディングス 商品戦略部, 株式会社トリドールホールディングス 品質保証部, 株式会社トリドールホールディングス 人事部, 株式会社トリドールホールディングス 購買部
環境
方針・マネジメント体制

(タイトル非表示)

トリドールグループでは、環境経営方針を策定し、事業活動の中で、地球環境課題にも積極的に取り組み、推進す...

環境
方針・マネジメント体制
Response thumb environment card

環境経営方針

私たち、トリドールグループは、自然の恵みである「食」を扱う企業の責任として、下記の4つの行動基準のもと環境問題に積極的に取り組み、社会の持続的発展...

環境
方針・マネジメント体制
Response thumb environment card

環境マネジメント体制

トリドールホールディングスでは、代表取締役社長兼CEOを委員長とするリスクマネジメント委員会内に環境委員会を設置しています。環境委員会は、年4回以上開...

環境
方針・マネジメント体制

エコアクション21認証の取得

トリドールホールディングスは、2020年3月に環境省が策定したガイドラインに基づき、「エコアクション21」の認証を丸亀製麺の一部店舗で取得しました。今...

環境
方針・マネジメント体制
Response thumb environment card

環境経営目標

「食」にたずさわるトリドールグループでは、食品ロスの問題を重要課題として位置づけ、排出量削減と食品リサイクル率の向上に取り組んでいます。また、事業活動...

環境
エネルギー消費量の削減

(タイトル非表示)

トリドールグループでは、お店に関わるすべてのヒトの思いと技術が環境負荷の低減においても大きな推進力になると考えてい...

環境
エネルギー消費量の削減

エネルギー消費量の削減に関わる中期計画

トリドールグループは、経済産業省が実施している省エネの事業者クラス分け評価制度において、2017年度、2018年度と2年連続S評価を獲得しています。こ...

環境
エネルギー消費量の削減
Response thumb 121 942

エネルギー消費量の削減

茹で釜の自動制御による省エネルギーの取り組み ~省エネ大賞 最高賞「経済産業大臣賞」受賞~ 丸亀製麺は、うどんをゆでる際に使用する茹で釜のエネ...

環境
エネルギー消費量の削減
Response thumb 121 941

エネルギー使用量削減実績

トリドールグループでは、2013年度から、エネルギー使用量の削減取り組みの高い成果が表れ始めました。 2018年度は2013年度に比べ、エネルギー使...

環境
CO2排出量の削減

(タイトル非表示)

トリドールグループでは、自然災害の増加をはじめとする気候変動の影響は、事業にとって大きなリスクの一つであると認識し...

環境
CO2排出量の削減

CO<sub>2</sub>排出量削減の目標と実績

トリドールグループでは、環境中期計画(2025年目標)としてCO2排出量を毎年1%以上削減し、2025年には、排出量原単位を0.60まで削減することを...

環境
CO2排出量の削減

CO<sub>2</sub>削減に関わる取り組み

国内産の食材を使用 丸亀製麺では、食の安全の側面はもとより、輸送にかかるCO2排出量削減も考慮し、国内の全店舗で、うどんに使用する小麦をすべて北...

環境
水使用量の削減

(タイトル非表示)

トリドールグループでは、特に調理の過程で多くの水資源を利用しています。事業展開地域の水資源への影響を鑑み、調理設備の開発...

環境
水使用量の削減

店舗設備を通じた使用量の削減

丸亀製麺では、うどんを冷やすために大量の冷却水を使用します。その冷却水をつくり出す機器が「チラー」です。室外機を置くことができないショッピングセンター...

環境
水使用量の削減

従業員教育を通じた使用量の削減

トリドールグループでは、節水機能がある機器の開発・更新を進める一方で、それを扱う従業員向け教育が重要と考えています。 業務マニュアルや店舗での従業員...

環境
廃棄物の削減

(タイトル非表示)

廃棄物や食品ロスを出すということは、資源やエネルギーの無駄使いにつながります。 トリドールグループでは、大切な食材への...

環境
廃棄物の削減
Response thumb 124 949

廃棄物の削減

食品ロス削減のための取り組み トリドールグループでは、廃棄物・食品ロスを削減するために、日常業務の中で工夫や試行を行っています。その一環として、...

環境
廃棄物の削減

廃棄物量削減実績

トリドールグループでは、廃棄物量の削減に取り組んでいます。 トリドールグループ主要業態の食品廃棄物に関するデータ ...

環境
廃棄物の削減

従業員意識の向上

環境負荷を下げるためには、各店舗で日々働く従業員の意識変容が欠かせません。 従業員に対しては、業務マニュアルや店長の手引き等を整備し、環境負荷低減の...